予防するために | 身体を健康に保つために様々な症状を知って治療を進めよう
看護婦

予防するために

必要な栄養素を

40代の更年期に突入してから症状が出ると言われていた更年期障害ですが、最近では若いうちからその症状が見られる人も増えてきています。
特に20代や30代の若いうちに症状を発症してしまう人が多いと言われています。
若いうちに発症する場合、若年性更年期障害と呼ばれます。
若年性更年期障害の場合、ストレスや生活習慣が大きく関わって発症するといわれているので、必要な栄養素を積極的に摂取することによって改善がみられる場合も多くあります。
予防として最適とされている栄養素が、ビタミンEと言われています。
若いうちは、夜更かしや飲酒などを過剰に行う人も多いですが、身体を健常に保つためにはこのような栄養素をしっかりと摂っておくことも大切です。

ストレスは大敵

更年期障害の症状がひどくなる原因としてストレスも挙げられます。
特に現代社会ではストレスがかなり多いので、完全にストレスを解消することは難しいと言われています。
もし日常の仕事や家庭でストレスを抱えているのであれば、早めのうちにストレス発散方法を見つけておくことが予防の1つにもなります。
ストレスを溜めてしまうとホルモンバランスが崩れるため、更年期障害の症状が出やすくなります。
まずは生活環境を見直すことから始めると良いでしょう。

対策を

更年期障害の症状が出やすいとされる人は、几帳面な人や責任感が強い人が多いと入れています。
そのような人は、ストレスによって精神的ダメージを受けやすいので、その分更年期障害の症状も出やすいと言われています。
こうした性格にあてはまる人は、できるだけ日常生活で予防をしておくことが大切です。
早期予防を進めることによって、更年期障害の症状は出にくくなります。

» ページのトップへ戻る